実印の作成を尊重する

  • RSS

実印は、登記などの重要な場面で使う、大切な印鑑です。
ということは、登記などの重要なことをまったくしない人は実印をもっていなくてもいいのでしょうかという、疑問もありますが、そうですね。
実印は持たなくても問題ありません。
ただある人々は必要に迫られて、慌てて実印登録しているというようです。

必要に迫られて実印を作るというのも大変結構ですが、必要に迫られて作る実印は、急いでいるので、あえて新しい印鑑を作らないで、いつも使っているような三文判を実印を登録してしまうことがあるようなのです。
確かに安上がりではありますが、そのような三文判の実印は、他の三文判の印鑑と見分けがつかなくなり、探すのに苦労したり、大事な書類に違う印鑑を押してしまったり、印鑑が破損したりして、長い目で見れば大きな損失といえるかもしれません。

実印は人生の大事な場面で使う大切な印鑑ですから、実印の作成を尊重すると、人生の大事な場面でも、必ず思慮深い判断ができることと思いますよ。

このページの先頭へ